RisingStar-AIの特徴

実稼動の検査装置よりも高い検査能力を実証

02 〝欠陥位置〟が即わかる AI(標準機能)

欠陥位置を検査と同時に表示し、瞬時に解析できる

03 製造現場で〝お客様が改善・改良〟できる AI

ロジック設計やパラメータ調整が不要な画像だけの自動設計

04 学習モデル(5種類)×設計変数(6種類)=30種類のパラメータの中から最適パラメータを
  自動選定!

業界最多の学習モデル、設計変数から、〝グリッドサーチ〟(総当たり)機能により最適パラメータを選定

弊社従来方式と比べ検査精度が17%向上!

05 少ないNG(学習)画像をカバーすることで安定した高い検査精度を実現!

OK画像からNG画像を人工的に作り出す三友オリジナル技法でNG画像をラクラク作成


既存検査装置にAI機能を追加し検査能力UP

「不良品の流出」 「過剰検出」を抑え”生産性向上”をサポート

汎用ユニット RisingStar-AI AI導入効果
OK OK 正しい
OK NG 不良品流出防止!
NG NG 正しい
NG OK 過検出防止!

新機能開発!AI+アルゴリズムのハイブリッド検査!!

従来の工業製品の検査に必要であった数値(寸法・面積)の担保がAI検査で可能に‼           AIでOK/NGの違和感を判別、その後しきい値検査をアルゴで補足。AI+アルゴのハイブリッド化検査!

ハイブリッド検査のメリット

AIが目視に近い違和感を検出し、AIが苦手な寸法検査(しきい値設定)をアルゴリズムの検査で補い
検査規格に合った検査を実現します。

自社開発のAIだから 「開発技術者」がサポート!!

検査装置の設置場所は、環境・条件の整った開発室ではなく、生産現場です。画像検査装置がインライン設備として独り立ちするまでには様々な課題に直面し解決していかなくてはなりません。
三友工業はオペレータではなく開発技術者が早期課題解決をサポート致します。

例えば・・・

対象ワークに合わせたAI設計変数の微調整を行い課題解決をサポートします。
AI判定能力を高めるため学習画像の 前処理、選別をご提案します。

RisingStar-AIの導入をご検討、デモ機の見学、実機テストをご希望の方は三友工業までお問合せ下さい。