STIゴム射出成形機自動化およびゴム関連機械
新型ゴム射出成形機 STI-1.6-200VJ2
「200VJの基本仕様を踏襲し、機能、性能UPを実現!!」
AI射出制御を標準装備(業界初)、作業高さ854mm、省スペース化、占有面積17%を実現した成形機である。
機械仕様
型締力
デイライト
型締ストローク
熱板サイズ
熱板ヒーター
(メタコン差替え)
エジェクター
射出量3
射出圧力
押出機
油圧システム
作業高さ
ゴム供給高さ
機械サイズ
1961kN(200t)
600mm
400mm
600mm×600mm
1.2kW×6本(上部熱板)
1.2kW×6本(下部熱板)
200mm 47kN
1600cm3
156.9MPa
φ40mm
15kWインバーターポンプ制御
854mm
1639mm
幅1100mm
奥行2605mm
高3620mm
標準装備
AI制御
液晶ディスプレー(タッチパネル式)
生産カウンター
ウイークリータイマー
故障診断付ヒーター断線警報装置(ヒーター毎)
成形条件記憶数 80品種
1サイクル自動動作・各種単独手動
安全装置 前面光線安全装置,側面扉4枚
両手押釦起動装置
金型ワンタッチクランプ
温調装置
各種異常表示
オプション装備
ベント押出機
コールドランナー温調器(油圧・水冷)
真空回路及び真空ポンプ
シリコン材供給装置
金型(中型)ヒーター回路
下金型ワンタッチクランプ
エジェクターピン
金型横分解装置
中型スライド用油圧回路
駆動式フィードローラー
生産監視システム(STI-net)
言語切換機能
特徴
・射出スピードを、AI制御することにより、ゴム焼けの削減、加流短縮を実現。
・作業高さを、従来機200VJから190mm低くし、854mmと低床。
・設備占有面積を、従来機200VJから約17%削減。(幅1100mm×奥行2605mm×高さ3620mm)
・射出量1600cm3 、型締力1961kN、機械高3620mmで国内安値を実現。
・熱板サイズ標準□600mm(OP650mm)幅広い製品に対応。
・押出機の取付が左右、後面の3方向で選択可能。
・インバーターポンプ搭載により省エネ、及び低騒音を実現、騒音値64db(従来機82db)
・熱反射塗料を採用することで放熱を抑えることで省エネを実現。
・射出構造、新型プランジャ採用によりロスゴム低減。